アロマリンパ&小顔サロン 谷町4丁目 Linka

キャビテーション+EMS

 C004078804

お好きなパーツをお選びください

背中 腹部 ウエスト ヒップ 腰周り 二の腕 太もも前側 太もも後ろ側 ふくらはぎから、お選びください

 

※下半身集中!

上半身集中‼

いや!一度に全身試してみたい‼

なんて欲張りなご意見もご相談くださいね☆

キャビテーションとは

特殊なラジオ波を脂肪細胞に当てる事により余分な脂肪を強制的に壊してしまう技術です。

壊れた脂肪は老廃物として体外へ排出されます。
直接脂肪に働きかけるので時間がかかる一般的なダイエットとは違い、1回目の体験をしたその日から変化を実感できます!
この即効性こそがキャビテーションエステに人気が集まっている理由です。

セルライトは脂肪細胞の塊の中に老廃物が溜まってしまった状態を言います。

セルライトの原因である脂肪細胞に直接働きかけることによって、ボコボコとしたセルライトを除去してくれる効果があります。

キャビテーションを受けた後、セルライトはどんな風に消えるの?

キャビテーションを受けた後、細かく砕かれた脂肪やセルライトは、3~4日かけて身体の外へ排出されます。

セルライトがついている量にもよりますが、1回の施術でお尻や太ももが1~2cm細くなる人も多いのがキャビテーションの特徴です。

このキャビテーションを繰り返していく事で徐々にセルライトが消えていきます。

 

キャビテーションに何回通えばセルライトは無くなる?

個人差があるので一概には言えないのですが、5回くらいで満足する人から20回程度必要とする人もいます。

セルライトは、自覚症状のある1年半~2年前から徐々に蓄積されてきているので、長年セルライトを貯めている方はやはり回数が必要となります。

キャビテーションを受けてるとリンパや血の巡りが良くなり、セルライトがつきにくくなっていくので、1~2回だけではなく、エステサロンと相談しながら、ある程度の回数を受ける事をおすすめします。

 C004078804

キャビテーション 3つのメリット

『 切らない脂肪吸引 』と呼ばれるほど痩身施術として効果の高いキャビテーションですが、多くのメリットがあります。

1:皮下脂肪と内蔵脂肪のどちらにも効果がある

人間の身体には、皮下脂肪と内臓脂肪が存在しす。

キャビテーションは、運動することで燃焼することができる皮下脂肪にも、食生活の乱れから内臓部分についてしまう内臓脂肪に対しても効果があります。

キャビテーションは特殊な超音波をあてて脂肪細胞を砕くので、身体の外側だけでなく、内側にも効果があるのです。

身体の中からも外からも脂肪細胞を分解することができるので、より痩せやすい施術と言えるでしょう。

 

2:気になる部分をピンポイントで細く出来る

身体のどの部分にも効果があるキャビテーションはメスを使ったり、薬品を注入して脂肪細胞を溶かす施術とは違い、

超音波で気になる部分の脂肪細胞を分解する施術。その為、気になる部分だけ細くする事が出来ます。

部分痩せが難しい二の腕やお腹周り、中々痩せにくい太もも部分もキャビテーションで効果的にケアする事が可能です。

 

3:リバウンドしない

安全で安心できる施術キャビテーションは『 切らない脂肪吸引 』と言われるほど効果の高い施術法ですが、危険性は基本的にありません。

キャビテーションは切ったり薬を利用してやせる美容整形と違い、超音波で科学的に脂肪を分解するだけだからです。

また分解された脂肪は血流にのって、身体の外に排出され、身体の中に再び蓄積されず、リバウンドをしません。

 

 

 

 

キャビテーションは興味があるけれど、いまいちよくわからない….

まだキャビテーションを受けた事の無い方に、わかりやすくご説明いたします。

kouka_photo01

1:キャビテーションで痩せる仕組みを知りたい!

キャビテーションは、特殊な超音波で脂肪の細胞膜同士を衝突→破壊→融解します。

そして脂肪細胞膜から中性脂肪を排出させます。

なので、どんな頑固な脂肪細胞もしっかりと排出させることが出来るんです。

つまり、キャビテーションをあてると脂肪が砕かれ体外へ流れやすい状態になります。

ただ、キャビ―テーションだけだと砕かれた脂肪が体内に残ったままに。

なのでLinkaでは、キャビテーションと同時に岩盤浴マットと強力リンパマッサージで、脂肪や老廃物が体外へ出やすい様に

コースを設定しています。

 

2:キャビテーションとその他の痩身マシンとの違いって?

まず、第一に「身体への負担が少ない」ことと「一回でも効果を実感できる」点です。

アメリカでは「切らない脂肪吸引」と言われ、大人気です!

 

また、脂肪のある箇所ならどこでも当てられる!という点。

キャビマックスはツインヘッドで挟み込むタイプなので、脂肪細胞を逃しません。

 

3:キャビテーションを受ける頻度はどれくらいが理想?

キャビテーション施術後、3~4日間ほどかけて溶けた脂肪やセルライトがリンパにのって身体の外へ排出されます。

ですので、理想は3、4日に1回、週に2回程度受けると最短で痩身効果が期待できます。

ただ、週に2回も通うのは、なかなかたいへんだと思います。

なので、Linkaでは無理が無く、効果もしっかりと出る週1回をオススメしています。

逆に、2週間以上空けることはあまりお勧め出来ません。

長期間×コツコツ

より

短期間×集中

がbestです。

4:キャビテーションは何回位受ければ効果がでる?

最初の1回から痩せたと感じる人も多く、5~6回で終了する人もいますし、20回程度受けて綺麗になる人もいます。

メーカーよりおすすめされているのは最低5回です。

脂肪やセルライトの状態などによるので個人差があります。

また、メンテナンスで月一程度通っていただくと、セルライトがつきにくくなります。

5:1回の施術時間は?

キャビテーションをあてる部位にもよります。平均的には1部位20分程度です。

 

下半身全体(ふくらはぎ、太もも、お尻、腰)をキャビテーションする場合、トータル60分あてます。

上半身全体(背中・ウエスト・お腹・二の腕)の場合も、同じ60分です。

6:キャビテーションで痩せやすい人は?

即効性という点でいえば、冷え性水太り体質でむくみからセルライトが出来やすい人はすぐに効果が出ます。

 

その他、他の痩身法ではやせづらい筋肉太り(固太り)タイプの人でも、キャビテーションを使えば筋肉の周りにこびりついている脂肪を破壊出来るので、おすすめです。

 

もちろん、普通のセルライト、脂肪には大きな効果が期待できます。

 

9:特におすすめの部位はある?

脂肪やセルライトがついている箇所なら基本的にどこでも使えます。

 

人気が高いのはお腹周りのキャビテーションや太もも、お尻のセルライトへのキャビテーションです。

 

10:キャビテーションを受けた後、食事は出来る?

キャビテーションを受けた後2~3時間は、代謝が高まり老廃物が外に出やすい時間帯です。

 

この時間に食事、特に炭水化物を摂取するといつも以上に栄養を取り込んでしまう事に。

 

キャビテーションの後は、食事を控える事と、水分をとって細かくなった脂肪を身体の外へ出す事が大切です。

 

11:キャビテーションをした翌日以降の食事は?

基本的に、キャビテーション直後以外は食事制限は必要ありません。

ただキャビテーション後、3~4日は代謝が上がり吸収率も良いので、油ものや糖質などカロリーが多いものを摂取すると

いつもより脂肪がつきやすくなる場合も。

 

キャビテーション後の3日間は、カロリーの多いものを避ける事をおすすめします。

 

12:キャビテーションの後はリバウンドする?

キャビテーションで痩せた後はリバウンドしません。

キャビテーションは超音波で脂肪の細胞膜同士を衝突させ破壊します。そして脂肪細胞膜から中性脂肪を排出させます。

ダイエットでリバウンドが起こるのは、脂肪そのものが減っていないからですが、キャビテーションでは脂肪自体が減少するので、リバウンドする事はありません。

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP